神戸新聞の連載「遙かな海路 巨大商社・鈴木商店が残したもの」の本編第1部・第3回をご紹介します。

2016.5.23.

01naokichi_niyodogawatown-thumb-autox240-811[1].jpg

神戸新聞の連載「遙かな海路 巨大商社・鈴木商店が残したもの」の本編「第1部 創業のころ (3)大番頭を育んだ地」が、5月22日(日)の神戸新聞に掲載されました。

今回は、金子直吉の生誕地、高知県吾川郡名野川村(現・吾川()郡仁淀川町)および高知市内の直吉ゆかりの地での取材に基づき、直吉が金子家盛衰の中、苦労を重ねて独学で多くの知識を習得し、商人を志して鈴木商店に入店する直前までの経緯・出来事、ゆかりの地の逸話などが描かれています。

写真は、仁淀川町下名(しもな)野川(のかわ)地区にある「山村自然楽校・しもなの(さと)の金子直吉資料室に安置されている金子直吉像です。

下記関連リンクの神戸新聞社・電子版「神戸新聞NEXT」から記事の一部をご覧下いただくことができます。

関連リンク

TOP