日本香料薬品株式会社

鈴木商店の樟脳事業に由来し、植物精油一筋に86年

日本香料薬品株式会社は、鈴木商店創業期の砂糖と並ぶ主要品目である樟脳事業に由来する会社です。鈴木商店は、躍進の原動力となった台湾産樟脳油の再製を事業化し、大正8(1918)年当社の前身「再製樟脳株式会社」を設立しました。

再製樟脳は、大正末期に樟脳副産物油工場の建設を計画しましたが、鈴木商店の破綻によりこの香料等製造計画は、昭和2(1927)年、再製樟脳より分社化して設立された当社に引き継がれろことになりました。

現在の日本香料薬品は、食品香料、安定剤、色素等の「食品香料部門」とテルペン化合物(植物の精油成分から得られる )をベースにした浮遊選鉱剤、合成香料等の「工業薬品部門」の両部門を有する香料専業メーカーとして躍進しております。

創業以来継承してきた植物精油のノウハウを生かし、次代への飛躍を図るためチャレンジを続けています。

関連リンク

TOP