各務謙吉

「損害保険業界の父」、日商創業時に協力

生年 明治元年(1868)年
没年 昭和14(1939)年

岐阜県出身。東京高商卒業後明治21(1888)年東京海上保険に入社。大正14(1925)年同社会長に就任。鈴木破綻に関して経済人として深い関心を示し、貿易立国の観点で鈴木の後継である日商創立に多大な援助を行った。各務は一生を損害保険事業に捧げたといっても過言でなく、日本の損害保険事業の発展に大きく寄与した。晩年は日本郵船社長、三菱本社取締役、貴族院議員など任ぜられた。

関連リンク

TOP