関門の鈴木商店ゆかりの企業訪問シリーズ ④日本グリース下関工場

日本グリース下関工場は、元々鈴木商店系の「旭石油」の敷地(油槽所)であったところに立地した工場で、現在でも煉瓦造の倉庫や鉄筋コンクリート造の煙突など往時を偲ぶ設備が平成26(2014)年9月段階でいくつか現存しています。ここで敢えて年次を切ったのには理由がありまして、この工場は9月を目処に閉鎖されることが決定しているからです。今回メンバー一同が訪れ、昭和13(1938)年時点の図面を拝見することで、旭石油時代の設備が遺っていることが改めて確認できました。

今回鈴木商店記念館の編集委員一行が訪れたのは、そもそもこの日本グリースの工場が閉鎖されるという話があったからでした。跡地はこれまた鈴木商店の流れを引く会社である昭和シェル石油の手によって太陽光発電所が作られるとのこと。海沿いのメガソーラーが関門エリアの新たな名所となってくれればと願っています。

<日本グリース沿革>

鈴木商店系の旭石油(現・昭和シェル石油)が、昭和16(1941)年に特殊グリース類の製造のため設立した「日本特殊グリース」(本社大阪)が前身。東京、大阪、神戸、広島、門司、小倉、飯塚の7工場にて操業。昭和26(1951)年、日本グリースに改称。

昭和34(1959)年、昭和石油(現・昭和シェル石油)彦島グリース工場を譲り受け、下関工場として操業開始。昭和45(1970)年、昭和石油彦島油槽所を譲り受け、下関工場を新設移転。平成26(2014)年、下関工場閉鎖。

現在、本社は横浜鶴見区と大阪中央区船場の2本社制、製造品目はグリース、熱処理油、金属加工油、防錆油、特殊潤滑油などで、自動車、鉄鋼、軸受け等幅広い分野で使用されている。

                                                                    

                                                                     

  • 日本グリース下関工場正門
  • 日本グリース下関工場(昭和34(1959)年当時)
  • 長崎英造・旭石油社長

TOP