鈴木商店を母体とするアスファルトプラント最大手「日工株式会社」が創立100周年を迎えました。

2019.11.10.

日工創立100周年記念.jpg鈴木商店工事部を母体として、ショベル、スコップ等の土農工具製造を目的に大正8(1919)年8月13日に設立された「日本工具制作株式会社」を前身とする「日工株式会社」は、本年創立100周年を迎えましたが、この度"創立100周年記念祝賀会"が盛大に催されました。

祝賀会は11月8日(金)、新幹線新神戸駅に直結する"ANAクラウンプラザホテル神戸"にて開催され、取引先ほか270名を超える関係者が出席されました。当鈴木商店記念館関係者も招待され、パーティーのオープニングの樽酒鏡開きには、当記念館編集委員長も参加して同社の益々の発展を祝しました。

今日の「日工(株)」は、アスファルト、コンクリプラントのトップメーカーとして我が国のインフラ整備の最前線を支えています。空港や高速道路などを舗装するアスファルトプラントでは、国内シェア70%を超え、橋梁を始めとする公共工事を支えるコンクリートプラントでも国内トップシェアを誇るメーカーとして成長を続けています。

同社は、"nからはじまる未来創造"を新しいスローガンに、鈴木商店時代の創業期の精神を引き継ぎ次の100年に向けて更なる飛躍を目指しています。

関連資料

関連リンク

TOP