日商プロパン石油株式会社

羽幌炭砿をルーツに北海道全域でエネルギー事業を展開

羽幌炭砿鉄道の商事部門「大五商事」が経営していたガソリンスタンド事業「大五商事・羽幌砿給油所」を含む石油・プロパン事業が羽幌炭砿鉄道(株)より分分離され、昭和40(1965)年「羽幌プロパン石油(株)」が設立されました。現在の日商プロパン石油(株)の前身となる企業です。

昭和45(1970)年、羽幌炭砿鉄道の閉山が決まると昭和47(1972)年、羽幌プロパン石油は北海道暖房炭(株)と合併し、日商岩井の全額出資を受けて改組し「日商プロパン石油(株)」に改称。本社を札幌に置き、札幌、旭川、留萌、羽幌、北見、帯広、函館のほか青森市に支店を設けました。

日商プロパン石油は、平成12 (2000)年に大阪ガスグループ会社となった日商LPガス(株)(旧・日商岩井石油ガス)の100%子会社に変わり、現在ではガス類、石油類の卸売のほか、オートガススタンド事業(タクシー、トラックなどのLPガス車への燃料補給)を運営しています。北海道全域に燃料センター22か所、LPガス充填工場8か所、オートガススタンド8か所、営業拠点として札幌市中央区北一条の本社の他青森を含め13支店・2営業所を擁する中堅企業に発展しました。

また、ガソリンスタンド経営も併営し、「日商プロパン石油羽幌給油所」を羽幌町に設けて羽幌プロパン石油時代から続いている昭和シェル石油のガソリンスタンドを運営しています。

羽幌炭砿をルーツとし、羽幌プロパン石油を前身とする日商プロパン石油は、石炭から石油製品への転換に成功し北海道全域にネットワークを築きました。平成27(2015)年には羽幌プロパン石油創業から50年の節目を迎えました。

関連リンク

TOP